浴衣は夏祭りや花火大会に誰もが一度は着たことがあるものです。

子供から大人まで浴衣を着てお祭りに行けばわくわくする気持ちがあります。

普段着物を着ない人でも浴衣なら手軽に着られます。

最近は花火大会があれば、浴衣を着ている女性はとても増えたと思います。

昔は当然だった浴衣も少し前は今ほど手軽でもなかったのか最近になって浴衣の女性が夏はよく見かけるようになりました。

日本の伝統文化である着物や浴衣を着ることはとっても良い素晴らしいことだと思います。

日本人の女性がもっとも素敵に飾れるのではないでしょうか。

もちろん男性の浴衣も良いものです。

家族で浴衣と楽しむ人達、恋人同士で浴衣を楽しむ人達、どんどん浴衣の着付けを楽しんで欲しいと思います。

また、浴衣は昔からある伝統的な着物です。

気軽に楽しめるのも浴衣の魅力です。

浴衣とはもともと、お風呂上りに着用する湯帷子が始まりです。

湯帷子とは浴=湯を表し、帷子は単衣の着物のことになります。

江戸時代から湯帷子から浴衣と呼ばれ始めました。

入浴のスタイルが変わったのが始まりで、お風呂上りに簡単に着られる着物として広がっていきました。

最近の浴衣には、立て上がりの浴衣でサイズもS、M、Lのサイズ展開になっていて、買いやすい価格になっているプレタ浴衣があります。

また、デザイナー浴衣も多くなり、色やデザインも斬新なものから幅が広くなっていて人気があります。

もちろん、反物から誂える浴衣もあります。

自分のサイズに合わせて誂えた浴衣の着付けもとっても綺麗に仕上がります。