犬のおすわりのしつけをするときには、普段しているポーズであるオスワリのポーズに「おすわり」という言葉の号令を結びつけるようにしてしつけていきます。

うまくできたときにはもちろん褒めてあげるようにします。

最初のうちは犬のほうも何に対して褒められているのかわからないと思いますが、何度もこの行動を繰り返しているうちに、ポーズと「おすわり」という号令が結びついてくると思います。

この「おすわり」というのは犬に教えておきたいしつけの一つです。

同様に「マテ」も大切なしつけの一つです。

犬のしつけ

たとえばですが興奮状態に犬があるときに「マテ」や「おすわり」ができると、道行く人とすれ違うときでも安心してとまっていることができると思います。

これは犬を飼うにあたっての最低限のマナーだと思いますので絶対にしつけるようにしておきましょう。

次に、犬の無駄吠えに関するしつけですが、これは周囲にとっても迷惑な行為ですから絶対に止めさせたい行為ですよね。

しかし、構ってほしいだけではなくて体調が悪いときにでも無駄吠えをすることがあります。

ですから、絶対に無駄吠えをさせないというようなしつけではなくて吠えることをコントロールできるようにしつけるというような感じにしていけばいいと思います。

コントロールというのは、体調が悪いから吠えているのか、甘えで吠えているのか、理由を見極めて叱ったりすることです。

しかし叱るということよりは無視するといった犬のしつけの仕方のほうがより効果的かもしれません。