どもりは言葉をスムーズに話せない病気または障害のことです。

ちかごろ耳にすることがびっくりするほど増えている吃音(どもり)のネットニュースは気になったりしませんか。

吃音(どもり)に関する詳細は気にはしていたというような人も、ある程度いると思っています。

ですから、独断と偏見で吃音(どもり)の確認した情報や書き込みなどを、できる限り公開したいと思います。

吃音症=どもりとも言われているが、今の時代『どもり』と言い表すのは、放送禁止用語や差別用語に値するとされており公の場において使われなくなってきています。

吃音症の原因は、発達に関係のあるもの、後天的なものの二つが挙げられます。

吃音の度合いや吃音の状態が起こる単語や局面は個人に違っていて色々あります。

吃音の症状は大別すれば連発型、伸発型、無音型の3タイプです。

近年はこれ以上分けて特徴に特化した類別がされてきています。

それから、吃音(どもり)は1:3で女子より男子が多いと言われています。

この結果は、男子より女子が早く胸式の呼吸に移っていくからではないかとという評価もあるのですが、吃音症の原因が呼吸の仕方にある絶対的な理屈を断言するのはできないようです。

診断は主に吃音症の治療を行っている言語障害などを治療する言語聴覚士 (ST) が在籍している耳鼻科などの医師が担当します。

改善する方法には多種多様にあるらしいですが、レベルや性別も関係して概ねこれしかないという治療法がないのが現状です。

吃音症の治療においてその方法が本人の大変なストレスになっているケースもあります。

この上踏み込んだ情報は、ヤフーニュースなどで確認してみると良いかと思います。

mrm吃音内容
mrm吃音改善
mrm吃音どもり